日常に、ほんのちょっとの楽しみを

好奇心強めなアラサーが、日々の中で見つけた面白いモノ・サービスを紹介します。このブログを見てくださったみなさんの日常に、ほんのちょっとの楽しみがプラスされますように!

神田ひとり飲みの楽しみ方 ~高架下のスタンディングバーで牡蠣と大人の時間を味わう~

金曜日の夜。


友人との予定がドタキャンになって


「そのまま帰るのもな・・」


と、私は夜の神田をブラブラ歩いていた。

駅前は、会社帰りに飲みにきている人たちで賑わっていた。

スーツの集団の隙間をすり抜けながら、どこかひとりでも入れるお店がないかと辺りを見回す。

ガールズバーのキャッチのお兄さんと目があった。
ちょっとだけ気まずい。


早くお店に入ってしまおうと高架下の小さなスタンディングバーに滑り込んだ。


そこは、小さなスタンディングバー。
メニューを見たところ、この店のウリはリーズナブルな牡蠣のようだ。

 

f:id:hh7k4eeha5te:20190517174031j:plain


さっそく、オススメと書かれた牡蠣を2種類と、ビールを注文する。

この店では、1ピース190円~350円で色々な牡蠣を楽しめる。
まずはビールを煽ってから、生牡蠣をちゅるんと一口でいただく。


(うまい・・・)


宮城県雄勝」(350円)は
塩味が強くあとから甘さがほんのり感じられる。
最初と最後の味のギャップが面白い。

「福岡県産 みるくがき」(350円)は
独特の甘味が噛み締めるほど感じられる。
これは旨味成分アミノ酸が豊富な証拠らしい。


隣に、常連と思わしき妙齢の女性が入ってきて、店主に「今日のオススメは?」と尋ね、その後に「オススメの食べ方は?」と聞いていた。


(なるほど、ツウは食べ方まで尋ねるのか。)


お財布の中身をみて、追加注文はハムカツ(280円)でとどめておくことにした。

女性は、牡蠣を3種類食べ終え、礼儀正しく、店主と隣にいた私にまで挨拶をし、30分もたたないうちに店を後にしていった。

付き合いの飲みもよいが、たまには、ひとりゆっくり飲みながら、特に会話をするわけでもなく、一期一会の時間を楽しむのも悪くない。


(こういう夜もたまにはいいか・・)


帰りの電車が混み合う前にそそくさと私は帰路についた。




Oyster&Grill 牡蠣鉄 神田店

■住所
東京都千代田区鍛冶町2-13-5 1F

■電話番号
050-5350-2904

■営業時間
月~土、祝前日: 15:00~23:30
(料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
月曜日~土曜日 15:00~23:30

■URL
https://www.google.com/amp/s/www.hotpepper.jp/strJ001207588/amp/